現代病の特徴と対策について考えよう!

体の「現代病」と言われてどんな病気を思い浮かべますか?

実は「現代病」はちゃんとした病名ではありません。
1970年頃からテレビや新聞などメディアを通して広まった言葉で、「現代病」と呼ばれるものに当てはまる病気は、その時代に応じて変化していきます。
もしかすると今「現代病」と呼ばれている病気や症状は10年後には現代病では無くなっているかもしれません。
実は私も、この「現代病」と最近呼ばれているうつ病で1カ月入院したことがあります。
原因ははっきりしませんでしたが、当時は仕事がとても忙しく、家に帰ったとたん家事もせずに眠ってしまうほどでした。
ただ、仕事は好きでしたし、忙しくても不満があったわけではありません。
不思議なことにそれでも脳はストレスを感じていたんでしょう。突然動けなくなりました。
仕事も行けたり行けなかったりで、職場には本当に迷惑をかけたと思いますが、そんな状態の私を1年間も雇ってくれていた職場には感謝してもしきれません。
少し話が逸れましたが、今思えば、仕事の忙しさで疲れているうえに家事をやらなければならない。という状況が私にとってとてもストレスだったのではないかと思います。
また、私の祖母は糖尿病でした。
もう何十年も前にガンで亡くなりましたが、当時は糖尿病は今ほど注目されておらず、私も変な名前の病気だなあ。程度でした。
私がアニメばかり見ているような子供だったので、病気に関してあまり知識がなかったり、頭に入ってなかっただけなのかもしれませんが、今では生まれつきや、遺伝出ない限り、立派な現代病です。
ガンよりも怖い病気の代表となってしまいました。

現代病ってどんな病気?

体の「現代病」として代表的な物は高血圧、糖尿病、心疾患、肥満(メタボリックシンドローム)、骨粗鬆症などです。 もしかすると、もうなってる!と言う方もいるかもしれません。 すでに病気になっている方も、予備軍の方も、これから注意したい方も、原因や予防と対策を一緒にみていきましょう。

心の「現代病」と聞いて何を思い浮かべますか?

心の「現代病」として挙げられるのが燃え尽き症候群、ネット依存症、引きこもり、うつなどです。 パニック障害もそうかもしれません。 先日、某アイドルがパニック障害の診断で休養することを発表したのはとても印象的です。 体の病気と違い目に見えない心の病気の原因は何なのでしょうか。 こちらについても調べてみました。

現代病に負けないために

体の病気が心の病気になることがあります。 逆に、心の病気が体の病気になることもあります。 病気に負けないためにはどうすればいいのでしょうか。 私の経験も含めお話したいと思いますが、何度も言うように私は医者ではないし、私の経験や考えが正解ではありませんのでご注意ください。

TOPへ戻る