現代病ってどんな病気?

体の「現代病」をいくつかご紹介

1つ目は高血圧です。
皆さんも耳にすることが多いと思いますが、今回の「現代病」には、病気が原因の高血圧は当てはまりません。
2つ目は糖尿病です。
こちらも耳にすることが多い病気ですが、糖尿病にも種類があり、遺伝的なものと生まれつき以外の糖尿病のことです。
3つ目は心疾患で、こちらも種類がたくさんあるのですが、先天性(生まれつき)のものは含まれません。
4つ目の肥満も実は先天性の場合があります。もちろん、その場合は含みません。
5つ目は骨粗鬆症で、最近とても注目を浴びていて、医療の現場では予防、治療に力を入れています。
主な物を5つ挙げてみましたが、骨粗鬆症以外は遺伝、先天性のものを含まないと書きました。
つまりどの病気も遺伝や先天性でないのに、なってしまう原因があるということです。

体の「現代病」の原因は何なのか

お気づきの方もいらっしゃるかと思いますが、ここで挙げた病気は全て生活環境が原因となります。
塩分の摂りすぎ、脂質の摂りすぎ、糖分の摂りすぎなど食事のバランスの乱れと、運動不足が主な原因です。
意外と思われるかもしれませんが、骨粗鬆症も食生活の乱れや運動不足(日光に当たらない)ことが原因と言われています。
日本の進化とともに生活は楽になり、便利になりました。
けれど、乗り物を使ったり、パソコンを使う仕事が増えたことによる運動不足。
インスタント食品やファーストフードが手軽に食べられるようになり、偏った栄養の摂取。
生活が便利になり、食事も手軽に食べられるようになり、悪いことばかりではありませんが、やはりそのしわ寄せが体の病気と言う形で表れているのではないかと思います。

この記事をシェアする
TOPへ戻る